2018年 02月 28日 ( 1 )

しつけ教室2回目 

昨日は2回目のしつけ教室のレッスン。

この日からビィタンと5ヶ月のコッカーちゃん(?)と3頭でのグループレッスンになりました。
と言ってもちゃんとしたレッスンは初めてのおはると私。

前回はで命令ではなく優しい声で呼びましょうと私の宿題でした。
できるだけ「ごら〜」などを封印して優しく呼びかけることを心がけていましたが
私の優しい声に「誰の声?」「なんか魂胆あるのちゃうか?」とおはるに不審の目を向けられながら頑張っておりました。

ただ、お家では悪いこともしないから叱ることもないので
ほぼ外での呼びかけです。

外はいろんな匂いや誘惑が多いので難しいものがあります(汗)
食糞に目を光らせながら「ノー」の連発。。。


ワンコとのご挨拶もお互い見つめあってじっとしてたら危ないサインなので目線の外させ方とか
怖がりのワンコに吠えて追いかけ回さないかとか
全てが飼い主の私とおはるとの繋がりの大切さを改めて考えさせられる日々でした。




a0293177_10362884.jpg






レッスンは できたことに対して褒めながらトリーツをあげて最初はトリーツ欲しさでも飼い主を見ることから始まりました。
「おはる」と呼んでこちらを見たら褒める、「おすわり」で褒める、
かざした手の平に口をつけたら褒める、最初は片手だけ、そして交互に、二回連続、と褒めてトリーツ。

持って行ったご褒美のフード(1/2にして15粒くらい)はあっという間になくなってしまいました(汗)

家ではおやつはほとんどあげていません。
おしっことウンチの時ご褒美に1/2粒〜2粒を何回かとお散歩の時の「待て」「おいで」の練習に数粒くらいです。
それもご飯の分から引いています。
あとは こまる父があげる少しのバナナ、ヨーグルト、他のおやつはほんの少しか全く無しかです。

先生とビィタンママからフードをいっぱいいただいてレッスン続行。
これからは朝ごはんを少しだけにしてお弁当としてフードを持っていくことに。

あっ、当然 夜のご飯はかなり減らしました。





月曜日の「おいで」
最後の ご褒美をもらってすぐに他に気を取られて横を向くのが問題点です。
練習のやり方が悪かったんだなぁ〜〜(泣)






話がそれましたが、
次は「伏せ」してじっとしてる練習。
おはるは「おすわり」「ふせ」はできるのですが自分で解除してしまうので
飼い主が「ok」というまでその状態を保つようにするやり方を教わりました。
先生から何度かダメ出しをされました。
やはり私が 勝手に自分で解除させるようにさせてしまっていました。


そして「おすわり」してじっといている練習も。
私が一歩動いてもそのままだと褒める。左右、後ろに一歩。

全てにおいて飼い主とアイコンタクトをした時点で褒めてトリーツ。


これらの練習を日々行って次のレッスンに備えます。
今はトリーツだらけですが、そのうちご褒美が少なくなってもちゃんと私を見てくれれば
少しずつ繋がっていくのだと信じて頑張ります。



おはるのレッスンというか飼い主の私のお勉強です。
前回同様、おはるより私が疲れました(笑)
おはるはおやつをいっぱいもらえるので大好きな時間になりそうです。



目標は

「どんな時でも飼い主の声にちゃんと反応する、それも信頼関係とともに楽しんで!」









レッスンの様子をこまる父に披露しましたが
顔をほころばせながら返ってきた言葉は

「かわいい、かわいい」

「かちこいな〜」


先は長そうだ・・・。


にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村フレンチブルドッグひろば






[PR]
by komaru619 | 2018-02-28 10:58 | おべんきょう | Comments(4)